結婚式に呼ばれたら

友人や親類の結婚式に招待されるのはとても嬉しいことです。
おめでたい席ですが、あまりある機会ではないので、知らず知らずのうちにマナー違反を犯してしまうことがあります。
マナーを知らないと恥をかく可能性もあるので、しっかりとマナーを理解しておきましょう。

結婚式に招待される場合、まず招待状が届くので返信しましょう。
招待状の返信葉書には「御芳名・御住所」と書かれており、この「御芳」「御」は2本線で消します。
「御出席・御欠席」も出席の場合は「御出席」を2本線で消し、「御出席」の「御」を2本線で消し○をします。
欠席の場合は葉書で返信をせず、電話で伝えましょう。
また返信葉書には「ご結婚おめでとうございます。
喜んで出席させて頂きます」といった一言を添えます。
表書きの「○○行き」は、「行」を2本線で消して「様」書き換えます。
また結婚式でスピーチを頼まれることもあるでしょう。
スピーチでは「禁止ワード」に注意します。
「終わる」「切れる」「嫌う」といった別れを連想させるワードは控えます。
男性の場合、「俺」という一人称ではなく、「私(わたくし)」を使用します。
会社を代表してスピーチをする場合は「弊社」を使用します。
新郎新婦がおめでたの場合でスピーチの内容に子供のことを盛り込む際は、新郎新婦の了解を得るようにします。
できちゃった結婚の場合、公表したくないカップルもいるので注意しましょう。

結婚式は一生に一度の晴れ舞台なので、失礼の無いようにマナーには気をつけましょう。
この他にも結婚式で気をつけたい御祝儀のマナーや服装について、別頁にて紹介しているのでぜひご覧下さい。